2008年02月24日

厄年って何?

厄年って、よく耳にする言葉ですね。




厄年とは・・・気になりますね。




お正月に神社に初詣に行くと、今年の厄年
年齢の人は・・・って書いてあります。

厄年って、どんなことなのでしょうか?
って、ちょっと不吉な言葉のような気がします。


国語辞典では、厄とは、災難、わざわいという
意味だそうです。
あまり、いい言葉ではありませんね。




厄年は、数え年で計算されます。
生まれた年が、1歳。
普通は、何ヶ月とか言いますね。




男性の厄年は、
25,42,61歳
女性の厄年は、
19,33,37歳




これらの年は、何らかの災厄に遭遇しがち
なんだそうです。

だから
厄年




例えば、女性厄年33歳の場合、
厄入り32歳、厄払い33歳。
33歳は、本厄


です。
特に、注意の歳は、
男性、42歳
女性、33歳

大厄と言われています。


厄年でもいろいろ。


女性は、30代に2回も厄年がありますね。
すごい。
男性と女性では、厄年の歳が違いますね。


でも人生の転機となりそうな歳や、
一番、人生において、忙しい時期が
厄年となってますね。


なるほど。
厄年って大変。


男性、42歳は、仕事も責任のある仕事を
任されたり、管理職になったり、
家庭でも子どもの学費が必要になりだしたり
って時期ですね。
さらに、男性、61歳は、会社を、退職した頃でしょうね。
第2の人生を迎える時期ですね。


女性、33歳、結婚していて子どものいる人なら、子育てで
大いそがしだったり。
19歳は、昔なら、結婚した頃、なのでしょうか。
人生の転機。





人生において、忙しかったり、転機を迎える時期
ですから、注意が必要、ちょっと立ち止まって
みようという意味での厄年
かなあと思います。










タグ:厄年 本厄
posted by まる at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 厄年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86217742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。