2008年02月26日

33歳の厄入りの御祓いへ行く2

受付では、御祓い料を支払い、
お米、御札?を2つもらいました。

厄年祓延喜(字が違いますが)と
書いてありました。

お米は、古代赤米と書いてあります。

御札と思っていた延喜(字が違いますが)
と書いてある紙に包まれたものは、
お箸でした。

きっと、このお箸で、古代赤米
食べるのでしょう。


待合室は、ほんとにいっぱいでした。
がやがやと、していました。
いすがありましたが、座りきれない状態で
ずっと立ってました。

厄払いに来た人ばかりでなく、
お宮参りに来た人も多かったです。

赤ちゃんを抱っこしている家族など。




でも、どこかで見たことのありそうな
同級生もちらほら見かけました。

きっと厄払いに来たんですね。




待っている間は、すでに前の御祓い
あっていました。


それが、済んだようなので、巫女さんが
次の回の御祓いを受ける人の名前を読み上げていました。

結局、待合室にいた人たちはすべて
次の回で御祓いを受けることができました。


でも、やはり多いので、御祓い場所の
いすを臨時に用意したりと巫女さんたちが
準備していました。

御祓いを受ける人は基本的に前の列の
いすに座るようになってました。

で、一緒に来た人は後ろの方に座るようでした。
普通は座れるかもしれませんが、
人が多いので、立ち見状態でした。



御祓いが始まりました。

神主さんが、最初、ありがたい言葉を
唱えたりしていました。



その後、

神主さんが、御祓いを受ける人の住所と氏名
を読み上げて、その後、二礼二拍手一礼をして
終わった人から外へ出てよかったです。

また、お宮参りの赤ちゃんには、
巫女さんがすずを近くで鳴らして
周ってました。


出口あたりで、巫女さんがお神酒を持っていて
車を運転してきてない人は飲むことが
できました。

posted by まる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 厄年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。